セックスがない時代も結構ありました

夫婦とも50代金として、最近では滅法という夜の機能の回数が減ってきています。

私自身は疲れている時や健康が小さい拍子を除いては、それなりに愛欲はありますが、ダディは職場では中部監督ということもあるのか、帰宅すると「疲れている」とか「寝たい」とかを連発していますし、ストレスが多いせいか最近では自律地雷悪化症の診療も受けており、ここ数年は結構積極的にセックスをするという雰囲気にはなっていませんでした。

実質として数か月に1たびもセックスがない時代も結構ありましたし、セックスしたとしてもダディがいわゆる中央折れしてしまい、「すまん」と言われて途中で終結ということもよくありました。

そんな感じですので私としては悶々とした日々を送ることも多かったです。

そういった情勢が続いたので、こちらは多少なりともダディに刺激を与えて考えを向けてもらおうって、お風呂乗りには敢えて風呂手ぬぐいはじめ枚でリビングでTVを見ていたり、読物を読んでいたり始めるダディの予行を意識的にあるくようにしていました。

また、洗濯アイテムのうちインナーなどはわざとダディの視線の接する場所に乾かすようにして、多少なりとも攻撃をあたえようといった意識しています。

あんな輩知れないスタートもあってか、私の経験上、次の日が現職休日の土日などはダディもストレスから解放されてホッとしているのか、刺激を与えるという時おりカラダを求めてくれるようになりました。

やはり勃起が万全でなかったり、中折れの時もありますが、そんな時には「気にしなくていいよ」とか「疲れているんだよ」と、私自身にジレンマは残りますが出来るだけ優しい言葉をかけて差し上げるように努めています。

そのような場合、ダディを責めたり、不満な面持を見せたりすると一層、ダディがセックスに臆病になってしまうと想うからです。

我慢も必要となりますが、ダディにも過度なソフトように努力する結果、現在では毎月程度のセックスが返り咲きしています。

出来ればしばし目指すなとは思いますが、これからも焦らずにスタートを続けていきたいとしています。

詳しくはこちら!