頬にできた肝斑のこと

頬にできた汚れのようなものが気になり、美表皮科で診察してもらいました。

その結果、汚れではなく肝斑とのことで、肝斑にも効果のあるレーザー加療を行うことにしました。

レーザー加療は痛みがあるのか気になったのですが、輪ゴムで弾かれるようなバチバチっと言う苦痛がしばらくありました。

ただ我慢できないほどの苦痛ではありませんでした。

それ以上に、照射するという焦げ臭い香りがあり、どちらかというと、その香りのほうが気になりました。

レーザー後は中でも赤くなったりすることも無く、その日からメークアップも見込めるに関してでした。

ただ、素肌がナーバスになっており、日焼けには気をつけてくださいと言われました。

レーザー加療と共に内服薬として、トラネキサム酸ってビタミン剤を投薬しました。

レーザー加療は計4回おこなったのですが、1回目の加療後は、はからずも小さくなったかな?気のせいかな?という程度で劇的な変化はありませんでした。

毎月おいて、2回瞳の加療をしたのち、今度はあきらかに肝斑が薄くなっていました。

これは私も感じたのですが、それ以上に加療をしていることを知っている自身に、「低くなったよね」と指摘されたので、レーザーの効力が必ずあったのだと思います。

3回、4回という合わせるごとに、ほとんど気にならないくらいの薄さになりましたが、最も効力を感じたのは2回瞳でした。

肝斑はレーザーでは加療できないと言われていましたが、今は肝斑に効果のあるレーザーもあり、外側からの美容白化粧品よりも確実に効力を得ることができると思います。

しかし、それが肝斑なのか、汚れなのかは、予め診察してもらわないとわからないので、気になるのであれば、美表皮科で診察してもらうことをオススメします。

また、レーザー加療のみではなく、内服薬との併用が最も効果が高いようです。

私の場合は、ファンデーションも隠れなくなってきて、自分でも鏡を見るたびに気になってしょうがなかったのですが、加療にて、とても気にならない辺りまで薄くなりました。

4回の加療で7万円ほどだったと思いますが、思い切り満足しています。

肝斑に効く化粧品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です