頭に叩き込もうと見慣れない言葉があった

あたいが特典介助士のライセンスを盗るまでの身辺。

どうして特典介助士だったのか?

私のおる会社では、発売員に“特典介助士“のライセンスを取るみたい推奨するようになったんです。

そのライセンスを盗る第1号に選ばれました。選ばれたのは嬉しかったのですが、あたいはすでに30年代を超えています。

学校なんて教え子の時以上していないのです。あんなあたいが合格するのかほんとに不安でした。

渡されたガイドは最適厚さがあり、間を見てみると見慣れない言葉がたくさんありました。

では、ガイドを熟読し頭に叩き込もうとしたのですが、読めばよむほど前に読んだことを忘れていくのです。

本実験を受けるまでには、初めてガイドを読んで苦悩を解きます。

これが最初の実験だ。その苦悩を見ながら重要なところであろうところをメモにまとめたりしながら、1つずつ覚えていきました。

こういう実験はガイドを見ながら回答していいので、この段階では及第できました。

以後、東京某所で2日間のワークショップがあり、ファイナルに本実験があります。

あたいは神奈川県なのでワンデイができるのですが、できれば客近くの旅館にでも泊まって学校をしたかったのですが、寧ろ気が緩むのではないかと憧れ、往復のJRの中で勉強をすることにしました。

実際のワークショップでは、シニアの方が普段いかなる苦労を通して生活をしているのかという、実話をさせてもらいました。たとえば、白内障の方が普段どれだけ見えていないのか、シニアになるとどれだけカラダが重く捉え、動き辛いのかなどだ。そのキャリアができる機具のようなものをカラダに付けて、現に外に出て歩いてみたり、そのまま昼食をとったりということをしました。

その機具を付けて学んだことは、年配者が何故性能が鈍いのか、何で小銭がわからないのかということがそれほどわかりました。

特典介助士のワークショップを受けたことにより、年配者や身体の不都合な顧客の心地がぐっすりわかったと共に、長期間発売の仕事をしてきて何故気が付かなかったのだろうと、いやに恥ずかしく思いました。

ワークショップの先いざ本実験になりました。

精一杯勉強したことと、2日間のワークショップでは学んだ結果自信を持って実験ができました。

こういう特典介助士のライセンスは発売とか、たくさんの人が持ってほしいというライセンスだ。

みんなたちが持てば、もう暖かい世の中になるのではないかと思います。

スマートドラッグの効果的な飲み方について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です