楽しいクリスマスに彼氏と一緒

私って彼は、現時点同棲を通していてお財布が一緒です。

翌年に米に旅行する狙いがあるので、それまで収益は節減中央だ。

依然付き合って年間半年で、2人で過ごすクリスマスは、2回瞳。

両者ともロマンチストなのでクリスマスくらいはどこかに出掛けたくて、安くて風土の良さそうな位置を一月前から引き続き調べてました。

それでもクリスマスとなるとどこも額面が張り、風土のいいバーや食堂は普段のダブル始める位置ばかりで心からアポイントを決めるという気にはなれません。

なので、いつもより豪華な食事を作って家で表紙宴席を決める!についてになりました。

豪華な食事といった豪華なケーキの代わりに、クリスマスヘルプは諦める!という保証で。

クリスマスヘルプを貰うよりは美味しいご飯が食べたかった私は、戸惑うこともなく愛くるしいケーキを予約してクリスマス今日は2人で超絶に行き、ミッドナイト食事の買い出しに行きました。

クリスマスといえば、鶏肉!ので鶏心肉を買って、テリヤキチキンって塩気胡椒で味付けしたチキンをつくり、おまけにサラダとかぼちゃシチューも作って、スパークリングワインで乾杯。

節減身辺で普段は両者して質素な物ばっかり食べていたので、凄い鮮やかでおいしかっただ!

食事を食べおわり、ケータイでツイッターを見ていたら、家内からのヘルプの報告をあげてある方がたくさんいて、すこしヘルプがないことに寂しい思いの丈を抱きましたが、でもケーキを食べれるのはハッピー!と思いきかせ、予約していた娯楽だったケーキを開けると、誠にケーキが崩れてしまっていてガラリクリ2つに割れていました

一番楽しみにしていたこともあったのですごく落ち込みました。
落ち込ん現れる私放置でタンスの要約をしている家内から話し掛けられて、不機嫌みたいに答えたら、ここ、ヘルプ。といった見覚えのないロゼの甘いカバンが目の前に。

お財布は私が管理しているので絶対に切り換えるはずがない物なのに、ずっと前から収益を独自で貯めてクリスマスヘルプ向けにとっといてくれた同様でした。

クリスマスヘルプはないとしていたので、ケーキが様式ひずみしてる地なんてさっぱり忘れてとってもよろこびました!

その日は特別な日なのでアフターピルを通販で購入していたので、彼氏には喜んでもらい楽しい夜でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です